エアドゥはどんな路線で運行しているのか?

エアドゥはどんな航空会社?

エアドゥは、もともと北海道資本の格安航空会社です。

創業者が亡くなった後、経営難に直面し事実上倒産に追い込まれ、その後、全日空(ANA)の傘下に入りました。

全日空の格安航空子会社という位置づけで現在は経営しています。

普通運賃の価格をANAと比較してみると、羽田から北海道路線で5,000円から7,000円ほど安くなっています。

「LCCに比べるとそこまで安くない…」と思われるかもしれませんが、預け手荷物の個数制限はありませんし、20kgまでの手荷物なら預かり無料と、LCCや大手航空会社にも負けないサービス内容です。

オニオンスープや、コーヒーなどの無料ドリンクサービスを行っているのも嬉しい所です。

航空券の割引は、「エアドゥスペシャル」と「DOバリュー」という日付によって割引率が変わる事前購入割引と、北海道に住む方向けの「道民割引」というサービスを実施しています。

エアドゥの路線について

「北海道の翼」として、1998年に新千歳空港から東京(羽田)への運航を開始したエアドゥは、それ以降、北海道内を中心に路線を拡大していきました。

元々、ANAが運航していた北海道内各地へのローカル路線を譲り受け、路線を開設し、現在は北海道から各地方へ、12路線36往復を運航し、全便がANAとの共同運航便となっています。

具体的には、東京(羽田)から札幌、函館、帯広、釧路、旭川、女満別に、札幌から仙台、名古屋、神戸、岡山、広島へ、函館から名古屋までと、北海道民に向けた運航を行っています。

北海道の人だけでなく、羽田から北海道の空港をほぼ網羅しているエアドゥは帰省する人にも重宝されているそうで、旅行にも便利そうです。

エアドゥのフライト検索!

北海道発のエアドゥを予約

admin